EDの知識

薬因性EDとは?薬が原因のEDの改善、治療法

薬因性ED

日常的に服用している薬が原因で勃起障害が起きてしまう「薬因性ED」。

「最近アソコが元気ないなぁ」というのは男性ならだれもが直面する悩みですが、もしかしたらそれはあなたが普段飲んでいる薬のせいかも知れません。

医師から事前に薬の副作用でEDになることが説明されないこともあるので、どのような薬の種類が注意が必要かぜひ把握しておきましょう。

そんな薬因性EDの原因や治療法について説明していきます。

誰にでも起こり得る可能性は十分にあるので、しっかりと読み進めてくださいね。

 

薬因性EDとは?

薬因性EDとは、いつも飲んでいる薬に含まれる成分の副作用でEDになってしまうことを言います。

 

病気の治療や悩みの解消のために、薬を常用している人は決して少なくありません。

当然ですが、病気によって起きる症状を抑えたり治したりする目的で飲んでいるわけです。

しかし、薬とEDが関連していることをわかっていない人はとても多いのです。

というのも、EDは特に命の危険性と直結しているわけではないので、薬剤の説明書に副作用として書かれていないことも多いからなんですね。

それ以前に、医師からは説明を受けていないという人もいます。

これは副作用で男性機能の低下を誘発することを理解をしていない医師や薬剤師がいるためです。

ですから、薬因性EDを引き起こす薬の種類や改善法、治療法について、ある程度は知識として蓄えておくことをおすすめします。

薬因性EDとは

薬因性EDの原因

薬因性EDの原因となる薬には、勃起に必要な副交感神経の働きを妨げるという特徴があります。

その薬の種類には、次のようなものがあります。

 

まず、前立腺がんの治療に用いられるLH-RHアゴニストは男性ホルモン抑制剤なので、勃起不全の原因となります。

また、性欲自体も低下してしまいます。

薬の投与をやめれば男性ホルモンの分泌量は回復してきます。

ただし、年齢によっては回復スピードが遅くなることもあります。

 

うつ病の治療に用いられる抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬もEDを発症させる原因になります。

抗うつ剤を服用するとセロトニンが上昇して末梢神経系での感覚が弱くなるため、性機能が抑制されるのです。

また、EDを発症させる高プロラクチン血症をもたらす向精神薬もあります。

心療内科の医師から副作用の説明がなされないケースもあり、また薬の使用説明書にも記載されていないことがあるため、なかなかEDの原因と気付かないことも多いのです。

 

高血圧の治療をしている場合、降圧剤が用いられますが、その中にもEDを引き起こす原因になる薬があります。

アテノロールやクロニジン、ニフェジピンなどの薬です。

降圧剤がEDに直結する仕組みはまだ突き止められていませんが、動脈硬化を併発している場合に降圧剤の使用でEDになりやすくなると言われています。

 

抜け毛や薄毛予防の育毛剤を使用していると性欲の減退やEDになるといった症状も多く見受けられます。

フィンペシアなどがその代表です。

育毛剤がEDの原因になり得るかという議論は、育毛剤をおすすめする人間にとってはとても不都合な真実なので「直接は関係ない」という意見も見受けられますが、私個人としての意見は「確実に性欲は減退する。」と実感しています。

育毛剤や育毛シャンプーなどを選ぶ際は副作用のEDの可能性についても良く調べてから使用するようにしましょう。

 

薬因性EDに効果的な治療法

薬因性EDの治療法

勃起不全の原因が薬にあることに気付いていない人はとても多いです。

「年だからしょうがない」「疲れているから仕方ない」など、薬以外の原因を考えてしまうんですね。

もしEDの症状があったら、一度常用薬を処方している病院の医師に相談することをおすすめします。

別の種類の薬があれば、それに代えてもらうほうがいいですね。

 

多くの人は、EDになる副作用がない薬に代えれば、治療をしなくてもEDの症状は徐々に収まってきます。

ただ、薬の種類を代えたからといって、すぐに男性機能が回復するわけではありません。

元に戻るまである程度の期間は必要です。

 

この期間中は、バイアグラに代表されるED治療薬が有効な場合が多いので、医師から飲むことを勧められる可能性もあります。

薬には併用禁忌薬もあるので、病気の治療のために服用している薬とED治療薬の飲み合わせについては、医師の指示に従ってください。

今はバイアグラ以外にも種類があります。

かかりつけの病院で処方していないときは、ED専門クリニックで相談してもいいでしょう。

薬因性EDには精力剤が効果的

薬因性EDと精力剤

ED治療薬の効果は確かに強力なので、薬因性EDの場合であればほとんどの人が勃起状態にすることは可能だと思います。

ただ、ED治療薬はあくまでも一時しのぎの効果しかありませんので、薬効が切れれば元の状態に戻ってしまいます。

薬因性EDで弱った精力を取り戻して自力で勃起させないことには、一生ED治療薬に頼ることになってしまいます。

 

根本的に精力を高めて健康な身体を作るには、天然成分を原料のベースとした精力剤を一定期間飲むというのがベストかと思われます。

マカやクラチャイダムなどを飲み続けていれば、男性機能の回復も早まりますし、EDになる以前よりも元気なペニスになることも可能です。

これらの天然成分が原料の精力剤(サプリメント)であれば、基本的には副作用の心配がありませんので、仮に薬を飲み続けなければいけない状況でも、安心して併用することができます。

EDの原因になる薬を飲み続けながらも、精力を高めていくということも可能なので、高品質な精力剤を選んで健康的に精力を高めていくという努力をしていきましょう。

 

私が今まで飲んできた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミでも評判な精力剤をランキングにまとめました。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング