ベジタリアンはEDになりやすい!菜食主義でも精力を高める方法

      2017/10/09

宗教上や理念上のポリシーや健康のためにお肉を一切食べない「ベジタリアン(菜食主義)」。

信仰する宗教や生活習慣にも大きく左右されますが、国によっては半数の人がベジタリアンという地域もあるほどです。

一昔前は『ベジタリアン=外国人の文化』というイメージが強かったものですが、ここ最近では日本人でも菜食主義者が増えています。

しかし、健康体に必要な栄養が偏ると身体機能が低下し、それが男性機能や性欲の低下につながることもあります。

ここでは、ベジタリアンとEDの関係や不足しやすい栄養などについて解説していきます。

ベジタリアンとEDの関係

菜食主義になると肉類は摂取しませんから、その分の栄養素は摂取できないことになります。

ベジタリアンにも度合いがあり、牛乳や卵はOKの人やマクロビオティック(玄米菜食)の人などカテゴリー分けすると説明するのが複雑なので、ここでは大まかに「肉類を食べない人」というくくりで説明していきます。

関連:ベジタリアンについての詳しい情報はこちら

 

肉類だけを大量に食べることは肥満や高脂血症などにつながるためEDになるリスクは高いですが、逆にまったく食べないこともEDになりやすくなります。

肉や脂っこいものばかりを食べていると生活習慣病になりやすく、EDの危険性も高まってしまいます。

それよりはベジタリアンの方が良いですが、ベジタリアンでも栄養バランスが偏ってしまうとEDになりやすいということですね。

ベジタリアンが勃起不全や精力不足になる理由としては、野菜が持つミネラルを排出する働きや現代社会の生活習慣などです。

まず野菜には、大量に食べることで体に大切なミネラル成分を体外に排出してしまう働きがあります。

例えば、男性機能に重要な亜鉛を摂っても、野菜をたくさん食べると体の外に追い出すことになり、十分な量を摂取できなくなるわけですね。

そうすると、男性ホルモンのテストステロン分泌が減少したり精子が作られる量が減ったりして、EDの症状が出やすくなります。

 

また、現代はストレスや睡眠不足、運動不足などになりやすい社会環境にあります。

このような状況では、きちんと栄養バランスの取れた食事を摂らないと、心身の不調に陥りやすくなります。

すると、やはり男性ホルモンが不足することになり、精神が不安定になったり性欲がでなくなったりEDになったりします。

ベジタリアンのような、「お肉は食べない」という選択には、このようなリスクがあるのです。

関連記事:ストレスとEDの関係性

 

修行中のお坊さんが肉を食べない理由

お坊さんの食事としては肉はもちろん魚のダシすら使わずに作る精進料理が有名ですが、なぜお坊さんは菜食なのか理由をご存知ですか?

仏教の戒律で不殺生戒(生き物を殺してはいけない)というルールがあると言うのも1つの理由ですが、もう一つの大きな理由として、淫らな気持ちを起こしにくくするためという理由があります。

動物性タンパクを摂取すると、どうしても気持ちが高ぶりやすく、瞑想の際に集中しにくかったり、余計なこと(エッチなこと)を考えやすくなります。

私もタイやインドで10日間施設にこもる瞑想の合宿に参加したことがありますが、その時の食事も当然のようにベジタリアン食でした。

普段は肉も魚も大好きですが、その期間だけでも菜食にすると気持ちが落ち着きやすく、無駄にムラムラしたり淫らな考えが浮かびにくいという現象を体験しています。

この事象からも、精力や性欲を抑えたければ肉食を控え、逆に高めたければ肉を食べる方が効果的ということがわかります。

コレステロールはテストステロンの原料

コレステロールは動物性食品に含まれていて、特に卵黄に豊富に含まれている栄養素です。

コレステロールと聞くとメタボリックシンドローム(肥満)の原因と言われていますので、悪者というイメージが強いかと思います。

しかし、実はコレステロールは男性ホルモンであるテストステロンの原料になる成分なのです。

多すぎるのは健康上問題ですが、少なすぎても弊害が出てしまうということですね。

EDや精力減退を改善したいのであれば、適度な量のコレステロールも必要です。

関連:コレステロールの摂取量についての詳細情報はこちら

 

ベジタリアンに不足しやすい栄養

ベジタリアンになるとどうしても不足する栄養がでてきます。

先述したコレステロールの他に特に不足するのがタンパク質です。

タンパク質は人体の血肉になる必要不可欠な栄養素です。

ベジタリアンは主に大豆からタンパク質を摂取しますが、実は大豆製品から摂れる植物性タンパク質の吸収率は高くありません。

栄養に関しての知識や経験が豊富な人なら問題ありませんが、ベジタリアンが栄養失調になるということはよくある話です。

タンパク質不足を解消するためには、動物性タンパク質を摂ることが必要になってきます。

菜食主義では、動脈硬化の予防やストレス緩和などの効果が期待できるEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸も不足しますので、ぜひ摂取したいところです。

EPAやDHAが多く含まれる食材には、サバやサンマなどの青魚があります。

鉄分も不足しがちになります。

パセリや大根の葉などに多く含まれますが、大量に食べることはなかなかできませんね。

野菜以外ならば、レバーやイワシ、あさりなどに多く含まれます。

もし完全なベジタリアンでなければ、これらの栄養を肉や魚などから摂取することをおすすめします。

ED改善に役立つ栄養

参考:食事バランスガイド 厚生労働省

菜食主義の場合、ED改善や精力アップに役立つ栄養も不足しがちです。

精力増強のためにぜひ摂りたい亜鉛ですが、牡蠣やレバー、その他肉類に多く含まれるため野菜からはほとんど摂れません。

また、男性機能の底上げに重要なアミノ酸も、肉や魚に多く含まれています。

精力増強が目的の場合、肉や魚なしでは難しいということになります。

 

ベジタリアンは、肉類からの脂肪分の吸収を大幅に減らすことができるため、健康的な体を作ることができます。

しかし栄養バランスを考えるならば、野菜の他にも肉や魚などいろいろな種類の食材を使った料理を食べたいところです。

ED対策には、ベジタリアンに不足する栄養は何か、またED対策に大切な栄養は何かなどしっかり把握することが大切です。

関連記事:精力増強に効果的な食事法まとめ

そして不足する栄養は、サプリメントで補うのもおすすめです。

天然の植物原料の精力サプリも多く販売されていて、マカクラチャイダムが100%のベジタリアン対応サプリも多く開発されています。

ベジタリアンの方には100%オーガニックの天然クラチャイダムのみで作られた人気サプリ、クラチャイダムゴールドが特にオススメです。

精力や性欲を高めるのに必須なアルギニンBCAAが豊富に含まれているので精力回復にはもちろん、日々の活力アップや栄養素の補足として持っておくととても重宝します。

その他、私が今まで試してきた数多くのサプリの中から、特に効果があってコストパフォーマンスも良いものをランキングでまとめています。

気になる方は是非とも健康のために参考にしてください。

 

 

あなたにオススメの記事はこちら

1
【知らなきゃ損】精力剤とED治療薬の違い|効果や副作用、原料について

「精力剤」という言葉を聞くと、まず最初に頭に思い浮かぶものが人それぞれ違うと思い ...

2
コンビニで市販されている精力剤の効果を暴露!緊急時のオススメは?

「今からのセックスに備えてすぐに買える精力剤が欲しい!」 「コンビニで市販されて ...

3
【EDを自力で治す方法】諦める前に読むべし!効果的な解決法とは?

男性であれば、誰もが通ることになるEDや精力減退の悩み。 「最近勃起力が低下して ...

4
精力剤でペニス増大は可能か?サイズアップサプリと精力剤の違い

世の男性の性の悩みは大きく分けて2つ。 「精力不足」と「短小コンプレックス」です ...

5
精力剤の健康面への効果|精力サプリの意外なメリットとは?

精力剤には、男性機能の向上や精力増進のためのサプリメントというイメージがあります ...

 - 精力増強コラム , , , , ,