精力剤の原料、成分

精力剤としてのトンカットアリの効果と成分、副作用とは

20161025195104

トッカントアリという精力増強効果のある植物をご存知でしょうか?

マカやクラチャイダムなどに比べると、まだ知名度は低いようですね。

トッカントアリは、クラチャイダムと同じく、もともと東南アジアで自生している植物。

分類学上では、ニガキ科に属しています。日本でもニガキ(苦木)は自生しており、その樹皮などが生薬として用いられてきましたが、トッカントアリは日本の苦木とは全くの別物で、熱帯もしくは亜熱帯の国々にしか自生しておりません。

このトッカントアリの根の部分(見た目は朝鮮ニンジンに似ています)に精力増強効果があることが分かり、栽培されるようにもなりましたが、東南アジア以外では栽培は極めて困難です。

日本で手に入れることが可能なのは、東南アジアで栽培されたトッカントアリの根を加工して粉末状態にしたものだけとなります。

最近では、このトッカントアリの根が持つ精力増強効果が着目され、精力剤サプリメントの配合成分として利用されるようになってきました。

精力剤サプリメントに興味をお持ちの方々にとっては、覚えておいて損のない植物です。

この記事ではトンカットアリの精力剤としての効果と成分、副作用などについてまとめました。

 

トッカントアリの精力増強効果

トッカントアリの精力増強効果の源は、マカクラチャイダムと同じく「アルギニン」です。

アルギニンには、男性ホルモンの分泌を促進する効果があり、性欲や精液量を増加させる働きがあります。アルギニンによって分泌が活性化される男性ホルモンには「テストステロン」というホルモンが含まれています。

テストステロンは俗に言う「フェロモン」に深く関わっているホルモンで、女性を惹きつける力を持っているのと同時に、精子の生産にも関わっています。

 

またアルギニンには、血管を拡張し血行を良くする効果があることも知られています。

皆さんもご存じのように、男性器の勃起は、男性器内部の海綿体に血液が流入することによって起こるものですから、血行の良化は、勃起力のアップにもつながります。

さらにアルギニンには、男性の脳が感じた性的な興奮を下半身に伝え、勃起(=海綿体への血液流入)を喚起する働きを持つNO(一酸化窒素)を発生させるという作用もありますので、勃起力低下や中折れ症状の改善に効果を発揮します。

 

このアルギニンはヒトの体に吸収されにくいという弱点を持っていますが、この弱点を補い吸収率を高める効果があるのが「ビタミンB群」です。

トッカントアリの根には、このビタミンB群や「セックスミネラル」として皆さんも良くご存じの「亜鉛」もバランス良く含有されています。

従って、アルギニン自体の含有量はクラチャイダムと変わりませんが、吸収量としては高くなるのです。

ある研究によると、トッカントアリの精力増強効果は朝鮮人参の5倍を超えるとの結果が報告されています。

20161025195243

※トンカットアリの木

トッカントアリの成分

トッカントアリのアルギニン以外の主な成分は、

「グリコサポニン」「ユリペプチド」「カシノイド」「アルカロイド」「ステロール」「テルペノイド」といったものです。

サポニンは、皆さんも良くご存じの高麗人参にも含まれている成分で毛細血管を広げて血流を促す効果があります(ちなみに海綿体の血管も毛細血管です)。

ユリペプチドは、コレステロールを男性ホルモンに変換する働きがあります。

カシノイドは、抗マラリア効果、抗腫瘍効果、抗癌効果があります。

このため、トッカントアリはマラリア対策にも使われていました。

アルカロイドは脳に作用し、ストレスを軽減しリラックスさせる効果があります。

また、血液循環系を整える効果や心因性ストレスに対する効果もあります。

ステノールには、精子の製造量を増量させる効果、精子の運動を活発にする効果があります(任活にも効果的です)。

テルペノイドは抗癌・抗腫瘍効果を持ち、細胞の代謝を活性化し精力を増強させる働きを持っています。

トッカントアリはこれらの成分に加え、ビタミンB群や亜鉛もバランス良く含有しており、健康増進、精力増強に効果を発揮するのです。

トッカントアリの副作用

トッカントアリは代表的な原産国であるマレーシアなどでは生薬として長年人々に利用されてきたものですし、同じニガキ科の植物である日本の苦木もまた、わが国で生薬として珍重されてきたものです。

したがって、特に「副作用」と呼べるようなものは無いと考えて良いでしょう。

トンカットアリが配合されている精力剤やサプリの1日の容量の範囲内であれば、注意すべき副作用は特にないということです。

ただし、体質によっては大量の摂取は考えものです。

生姜やニンニクも、人によっては合わずに大量に摂取することは避けた方がいいケースもあります。

もしトンカットアリ入りの精力剤を飲んで「胃痛」や「吐き気」「下痢」「頭痛」などの症状が出た場合には、トッカントアリの服用は控えておいた方が良いでしょう。

 

トンカットアリを効果的に摂り入れる方法

トンカットアリは日本では採取できませんので、乾燥させて粉末状になったトンカットアリ入りのサプリを飲むのが現実的にも効率的にもベストな方法となります。

トンカットアリのみのサプリはほぼありませんし、いくらトンカットアリが精力増強に効果があるとはいえ、トンカットアリ単一で飲むのはおすすめしません。

それよりは他の原料と一緒に飲むことで相乗効果に期待ができます。

なのでトンカットアリの効能を試してみたいという方は、トンカットアリ配合の精力剤の中でも、特に高品質で、他の精力成分もバランスよく配合されてGHプレミアムというサプリが一番良いでしょう。

 

GHプレミアムの詳細はこちら

 

GHプレミアムはトンカットアリ、クラチャイダム、亜鉛を中心に、体内でアルギニンと合わさることにより相乗効果が生まれるシトルリンも摂取できるので、効果の強さとバランスの良さが売りのサプリです。

特にシニア世代からの支持が強く、気に入った人は継続的に飲み続けている人も多いのがGHプレミアムの特徴です。

トンカットアリの効果を実感して精力増強を目指している人にはぴったりの精力剤と言えます。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング