EDの知識

ストレスがEDの最大の原因に!効果的な改善法とは

ストレスとED

現代を象徴する言葉として「ストレス社会」と言われるように、現代社会はいろいろな場面でストレスを抱え込みやすくなっています。

もはや今の時代、ストレスを感じることなく生きていくという事は不可能に近いわけですが、仕事でのイライラや焦り、人間関係の悩みはもちろん、発展するとうつ病などにもつながってしまいます。

このようなストレスは、EDと強い関連性があるので軽視できません。

むしろ、EDの一番の原因とも言われています。

EDのリスクを少しでも下げるため、また、ストレスによるEDに対して効果的な治療、改善方法を知っておくことは大切です。

それを知らなかったばっかりに、EDが悪化してしまう恐れがあります。

ここでは、ストレスとEDの関連性や、改善するにはどうしたら良いのかをまとめました。

誰もが身近に感じるテーマかと思いますので、しっかりと読み進めてくださいね。

ストレスでEDになる仕組み

ストレスはEDの原因

ストレスによる勃起不全は心因性EDの一つです。

つまり精神的な要因がキッカケでEDになってしまうという事です。

参考記事:心因性EDとは?精神的なEDの治療・改善法

病気や加齢が原因でのEDもありますが、心理的ストレスが原因でのEDは10代や20代の若年層でも起きてしまうのが大きな特徴です。

 

最近イライラする、やる気が起きない、と自分でストレスが溜まっていると自覚している場合もありますが、深層心理で自覚していない部分もあります。

例えば、ストレスに慣れてしまって感覚が麻痺している場合や、幼い頃に負った心的外傷や抑圧された憎しみなどです。

 

これら日々のストレスが積み重なっていくと、自律神経の働きが低下していきます。

自律神経は体のいろいろな器官を操っているので、その中の一つである血流も悪くなってしまうんですね。

血流が悪化すると海綿体へ流れる血液量も十分でなくなり、勃たなかったり中折れすることになります。

さらに、強いストレスを受け続けたりすると、うつ病に発展してしまう可能性もあります。

そうすると、EDの前段階である性的な欲求も低下してしまいます。

関連記事:EDとうつ病の関係性|鬱だと勃起不全になりやすい?

抗うつ剤の副作用でEDに

うつ病に発展すると、抗うつ剤をはじめ睡眠薬や抗不安薬など、病状に合わせた薬が処方されます。

しかし、これらの中には副作用でEDになってしまうような成分も入っています。

特にSSRIという抗うつ剤は、ドーパミンの働きを弱くさせるため勃起不全を引き起こします。

今までは、このような抗うつ剤を服用中にEDを治療するのは難しいとされてきました。

しかし最近では、バイアグラなどPDEを阻害するED治療薬との併用で治療が可能とわかってきたのです。

ただし、抗うつ剤や向精神薬の種類によっては、ED治療薬の効果が十分発揮できない場合がありますので、飲み合わせについては医師と相談するようにしてください。

参考記事:薬因性EDとは?薬が原因のEDの改善、治療法

抗うつ剤の副作用でEDに

ストレス性EDの改善方法

まずは精神的な負担になっていることを取り除くのが一番ですが、簡単には関係性を変えられない物事もあり、難しい場合も多いでしょう。

ですから、自分で気持ちを切り替えて、できるだけ心配しないようにしたり、ストレスを発散することが大切になってきます。

 

パワハラやサービス残業など仕事で困っていることがあれば、一人で問題を抱え込まずに誰かに相談してください。

いなければメンタルケアなどの各相談窓口があるので、そういったところを利用するのもいいですね。

 

また、普段からストレスを発散できる行動を心がけることも有効です。

休日にはできるだけ趣味の時間を作ったり、運動するのも効果的です。

このようなことを続けると、徐々に心を支える基礎ができあがってきます。

 

しかしいざセックスとなると、大丈夫と思っていてもEDになってしまうことも少なくないでしょう。

そのときは、ED治療薬の助けを借りることを検討してみてください。

今はストレスによって、20代の男性でもED症状に悩んで治療薬を飲んでいる人もいます。

バイアグラなどのED治療薬は、一時的に勃起状態を作り出し、男の自信の回復に繋がります。

一度満足のいくセックスができると、気持ちも上向きになってきて徐々に精神的なストレスも解消されていくというパターンもあります。

ストレス性EDにはED治療薬が効果的

精力剤で根本から元気になるのがベスト

ED治療薬は医薬品成分で一時的に勃起させることはできますが、薬効が切れると元に戻るので、根本的な解決にはなっていません。

解説記事:【必読】精力剤とED治療薬の違い|効果や副作用、原料について

健康な身体作りや活力を生み出すには、天然成分が原料の精力剤をコツコツ飲み、身体を根本から回復させるのが一番です。

 

普段から精力剤を飲むことで、精力増強はもちろん、活力がみなぎって来るので日々の生活でも気分的な回復が期待できます。

精力剤を飲むと体力の回復もしやすくなりますので、疲れが取れやすかったり、睡眠の質が上がるという嬉しい作用にも期待できます。

関連記事:精力剤には疲労回復効果アリ!精力サプリが疲れに効く理由

 

男の活力の源として、性欲やセックスに対するエネルギーというのは大きな割合を占めていますので、その部分を少しでも取り戻すだけで、日々の気持ちの張り合いが全く変わってきます。

日本で発売されている精力剤はマカクラチャイダムが配合されているものが人気で、どんどん新しいものが開発されていますので、ED改善の大きなサポートをしてくれます。

ストレス性EDには精力剤が効く

精神的なストレスの原因を少しずつでも減らしていくと同時に、精力剤で健康的な心身を取り戻していくという方法がベストな改善法です。

身体が元気になると精神的なネガティブ要素も減り、心身ともに活力があふれてくるようになります。

 

とは言ってもどの精力剤を選べばよいかわからないという方には、私が今まで飲んできた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミでも評判な精力剤をランキングにまとめました。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング