精力剤の原料、成分

精力剤としてのセレンの効果と副作用とは?

セレン性力剤の効果と口コミ

セレンという言葉を聞いて、ピンときたっていう人は少ないんじゃないでしょうか?

普段の生活ではあまり登場する場面がない栄養素の名前ですが、精力増強や性欲回復、セックスに強くなりたい男性なら覚えておいて欲しいキーワードです。

セレンの基礎知識と精力に効く効果、副作用についてわかりやすくまとめました。

あなたの精力増強に少しでもお役に立てれば幸いです。

セレンとは?

セレンというのは、人の身体にとって必要なミネラル、必須ミネラルです。

セレンの人体内での働きとしては、まず抗酸化作用が上げられます。

つまり、老化のもととなる活性酸素の発生を抑える作用がありますから、皮膚や筋肉などあらゆる組織の老化、臓器の機能低下を防いでくれます。

良く言われる「アンチエイジング効果」というのも抗酸化作用によるものです。

 

また、セレンはガンの発生や動脈硬化を防止する効果も持っています。さらに、免疫力の強化や有害な金属の無害化、精子の製造にも関与しています。

そうなると不足してしまうことが気になりますが、セレンは元々人体内にも必要量存在しているものです。

また、魚介類をはじめ多くの食物に含有されています。

 

体外からの摂取が推奨される量は、成人で1日30μgとされており、非常にわずかな量です。従って、基本的に健康で普通に生活している状況で不足を心配する必要はないでしょう。

セレンが不足して「セレン欠乏症」という病気になるケースは日本では非常にまれで、ほとんど無いと言えますが、

欠乏症になると「ケシャン病」という生死にも関わる可能性のある病気を引き起ここともあります。

かつて、中国の土中のセレン含有量が極端に少ないとある地域で、こうした病が多発したという史実もあります。

また、セレンが不足した状態でいると、発がん性が高まったり、高血圧や動脈硬化のリスクを高めたり、白髪が増えたりシワが増えたりといった老化の進行を進める、男性側が原因の不妊などといったことが起こりえます。

参考:セレン(健康食品の安全性・有効性情報)

セレンの精力増強効果

セレンが持つ精力面での効果をご紹介すると、まず血流量を向上させるという効果があります。

セレンには血管を若返らせて血管を拡張するという作用があり、このため男性器の海綿体への血液流入が促されますので、海綿体の血管への血液流入によって起こる勃起の質を向上させるのです。

それだけではなく、血流が良くなることで疲労回復力もアップしますから、性行為においては大きなポイントとなるスタミナも向上させます。

また、セレンには精子をつくるもととなり、精子の量や運動量を増加させる効果があることが知られています。

さらに、ご紹介したようにセレンには老化を妨げる効果があります。

加齢は勃起力低下、精力低下の大きな要因となるものですので、こうした加齢による精力の減退にも歯止めをかけることができます。

この老化を防ぐ機能は、男性機能にとってとても重要な役割を持つ前立腺や肝臓などの機能低下についても当然共通するものですから、総合的に精力の減退を防いで、若々しい精力を保ってくれます。

セレンの性力増強効果

セレンの副作用

セレンは、1817年にスウェーデンの化学者によって発見されたミネラル(=鉱物)です。

実は、発見された当初は「有害な物質」として認識されていました。その後研究が進んでいき、セレンは人体にも微少量存在するミネラルであり、微少量でヒトの身体にとって欠かせない役割を持っていることが明らかになったのです。

そのため、現在では人体に欠かせない必須ミネラル16種の1つとなっています。

ただし、必要量が極めて微量であるため、1日の必要量が100mg以上の「カルシウム」や「マグネシウム」などの「主要必須ミネラル」とは分けて、「微量必須ミネラル」に含まれています。

「微量必須ミネラル」は、「亜鉛」や「クロム」などといった微量であれば人体にとって必要なものだが、大量になると逆に有害となるミネラルが含まれており、セレンも同様に過剰に摂取すると人体にとって良くないものとなります。

セレンの過剰摂取により発生する可能性がある症状は、「胃腸障害」「下痢」「疲労感」「焦燥感」「皮膚障害」「爪の変形」「脱毛」「末梢神経障害」といったものです。

さらにセレンをグラム単位といった極端に大量な量摂取すると、「重度な胃腸障害」「神経障害」「心筋梗塞」「急性の呼吸困難
「腎不全」といった重篤な症状を引き起こすリスクもあります。

セレンはレアメタルでもあり、グラム単位で摂取できるほどのまとまった量のセレンを入手すること自体極めて難しいことですし、食品として摂る限りにおいては、起こり得ないことだと言えます。

また、グラム単位までいかなければ、過剰摂取で起こる症状も下痢や脱毛レベルですから、いわゆる劇薬と同レベルで恐れるほどの必要はありません。

ただし、サプリメントとして摂取する時は注意するが大切です。

事実、2008年にアメリカでセレンやクロムが高濃度(セレン40,800μg、クロム3,426μg)含まれたダイエットサプリを摂取して「下痢」「筋肉のけいれん」「関節痛」「脱毛」などの症状を訴える利用者が出たという事実もあります。

国産のサプリメントを摂取する場合にはこうした状況は考えられませんが、サプリメントを購入する際に配合量を確認しておくことをお勧めします。

なので必ず用法・用量は守るようにしましょう。

 

セレンを効果的に摂り入れる方法

セレンの精力増強効果が本領発揮するのは、実は亜鉛と一緒に摂ったときなんです。セックスミネラルと呼ばれ精力アップに欠かせない亜鉛の働きをセレンが助けると言い換えることもできます。

なのでセレンと亜鉛を同時に摂ることができれば、相乗効果でさらに効率よく効果を実感することができるということです。

セレンと亜鉛が同時に配合されている精力剤は数少ないのですが、その中でも口コミでも人気でおすすめできるのがこの【大人の青汁シトルリン桑抹茶】です。

※画像が暗くてすみません…汗

セレン配合の性力剤

大人の青汁 シトルリン桑抹茶

 

私も実際に飲んでいますが、シトルリンと亜鉛、セレンの効果で勃起力アップにかなり効いていると実感しています。

味も飲みやすく毎日続けるにはありがたいですね。

青汁なので、精力増強と健康維持を一緒にしたいというあなたにオススメのサプリです。

 

この他にも、私が今まで飲んできた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミでも評判な精力剤をランキングにまとめました。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング