EDの知識

EDや勃起不全は自然回復する?放置すると危険なケースも!

EDは自然回復する?

「最近中折れすることが多くなって…」「年のせいか勃ちが悪くなって…」

そんなEDや勃起不全の症状に悩んでいる男性は少なくありません。

特に何もせずに放置すれば自然回復する思っている人もいますが、実はそれは危険な考え方です。

ここでは、EDは自然回復するかどうか、またEDの効果的な対策法などについて解説していきます。

知識として知っておくだけでも有益な情報かと思いますので、しっかりと読み進めてくださいね。

EDは自然回復するのか?

結論から言いますと、EDは自然回復できるケースとできないケースがあります。

まず緊張や焦りなど精神的な理由で勃起不全になる心因性EDは、精神的な問題が発端となって生まれるED症状なので、

その心理的な要因がなくなった時、または時間とともに自然回復する場合があります。

しかし、血管や神経に傷がつくことが原因の器質性EDや薬の服用が原因の薬剤性EDの場合は、根本的な原因を取り除かない限り自然回復はしません。

 

特に器質性EDの場合、背後に重大な病気が隠れていることがあるため、放置することは大変危険です。

関連記事:ED(勃起不全)に隠れている重大な病気に注意!

 

また、EDの原因として一番多くの割合を占める加齢による精力減退ですが、

生殖機能は適齢期を過ぎると生存に必要不可欠なものではなくなるので、加齢によるEDも自然回復は難しいです。

EDを放置したらどうなる?

EDを放置すると危険

もし、器質性EDの場合は放置した場合、とても危険です。

 

ここではよくある例を挙げるとすると、

症状がわかりにくい糖尿病や高血圧など、EDの原因となる病気に気付かないまま放置すると病気はどんどん進行していきます。

高血圧により動脈硬化のスピードが速くなると、性器に血液が十分に流れずに勃起障害が起き続けます。

また糖尿病はEDを併発する性質があるため、糖尿病自体の治療をしないとEDは改善しません。

関連記事:糖尿病でEDになる?原因と効果的な精力剤の選び方

 

加齢による男性ホルモンの分泌量の減少は、男性更年期障害を引き起こします。

男性更年期になると、性機能の低下や不眠、うつ症状などの症状が出ます。

疲労やストレスと重なると、自然に回復するどころか症状はさらに悪化してしまいます。

精神的な理由のEDは、トラウマなど心の深い部分に勃起できない原因がある場合は時間が経っても改善しません。

関連記事:【見逃し厳禁】ストレスがEDの最大の原因!効果的な改善法

自然放置ではなくやるべきED対策

器質性EDの場合、まずはEDの原因になっている病気そのものを治療する必要があります。

特に糖尿病はEDとの関連性がとても強いです。

ED以外の症状がないまま病気が進んでいる場合もありますので、健康診断や定期検診は受けるようにしてください。

病気の治療中でもED治療薬を処方できる場合がありますので、必要な場合は医師に相談しましょう。

 

強い心因性EDには心理療法が効果的です。

専門のカウンセリングを受けることで少しずつ改善することができます。

 

軽い器質性EDや心因性ED、また男性ホルモンが急激に低下していない場合は、バイアグラなどのED治療薬で勃起させることは可能です。

しかし一時的な勃起はできても、根本的に改善できるわけではありません。

健康的な食生活や質の高い睡眠など規則正しい生活習慣を送りながら、男性ホルモンを増やすことが大切です。

精力や勃起力アップに効く成分を十分に摂っていれば、EDや中折れを事前に回避、回復させることが可能になります。

精力剤で精力回復

そのためには精力剤の服用が適しています。

精力剤には疲労回復や強壮作用、精力増大に効果的な成分が数多く含まれています。

精力剤を飲み続けることで男性ホルモンの分泌量が多くなり、身体の根本からEDを改善させることができます。

また男性更年期障害が軽くなると、日々の活力や気力、集中力などもアップします。

 

以上のように、EDや勃起不全は自然回復が難しいケースが多いです。

病気が原因の器質性EDは、放置せずにすぐに病院で治療を受けることをおすすめします。

加齢や男性ホルモンの低下によるEDの場合、規則正しい生活習慣を送ることに加え精力剤を飲むことが、自分でも手軽にできる効果的な対策になります。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング