精力剤の原料、成分

精力剤としてのムイラプアマの効果と成分、副作用とは?

20161029050942

ムイラプアマってご存じですか?

ムイラプアマは、マカやクラチャイダム、高麗人参などと同じ、精力剤として効を持つ植物の1つです。

ムイプラアマには、まだまだハッキリ解明されていない部分もありますが、性機能の回復や媚薬的な作用、滋養強壮効果が期待できると言われています。

日本においては、ムイラプアマの根の部分に含まれる成分に毒性が認められる「医薬成分」とされているため、国内で製造・販売されている精力剤サプリメントは基本的にムイラプアマの樹皮部分を原材料としています。

日本においてもその効果が口コミで評判を呼んでおり、今注目度上昇中の植物。精力剤に興味があるという方なら、是非とも頭の片隅くらいにはいれておきたい植物です。

今回は、そんなムイラプアマの精力増強効果や成分、副作用についてわかりやすくまとめました。

アマゾン先住民の元気の源、ムイラプアマとは

ムイプラアマの原産地は南米アマゾン流域です。アマゾンの亜熱雨に自生している5メートルほどの低木で白い小さな花を付ける木です。

木からはスパイス系の臭いがするのが特徴としています。アマゾンの先住民の間では性活力の源となる植物としてその名を知られてきました。

土壌に豊富なミネラルが含有されていないと育たないため、限られた土地でしか栽培できないという希少性の高い植物。

ハーブには、「葉」の部分とか、「根茎」部分とか、食用として利用できる部分が限定されているものが多いのですが、ムイラプアマは、樹木に付く葉から根茎まで全てを無駄なく利用することが可能です。

ただし、すでにご紹介した通り、厚生労働省のお達しにより、国内では原則的に樹皮部分を原材料とした精力剤サプリメントが主に流通しています(個人輸入できるサプリメントに関しては、調べていませんが、樹皮部分以外も原料として用いられている可能性はあります)。

ムイラプアマの精力増強効果

ムイラプアマは、原産地の人に、古くから「勃起障害の改善」「不妊の解消」「精力増強」の目的で使用されてきた植物です。

現在の時点で分かっているその成分は「遊離長鎖脂肪酸」「脂肪酸」「βレジン酸」「エステル化合物」「タンニン酸」 「ステロール」「クマリン」「アルカロイド」「ムイラプアミン」「フォバヘーネ」といったものになります。

それぞれの成分単独としては、精力増強に直接的な効果が明らかになっていないものもありますが、これらの成分複雑に相互に作用することで、勃起障害の改善効果など精力増進効果を発揮します。

そんな成分の1つアルカロイドは、神経系に作用する成分で、精神的、肉体的な安らぎの作用を持っていることが明らかになっています。これによって、心因性の勃起障害などにも効果が期待できると思われます。

また、ムイラプアミンをはじめ、その他の成分のいくつかは、血管を拡げる働きをし、血流を活発にする働きを持っています。

血流は人が健康に生きるためには非常に重要なのですが、男性器にも直接的な作用があるものです。男性器内の海綿体に血液が一気に流れ込むことでペニスが勃起しますので、血管を拡げ血流を活発にするという働きは、イコール勃起力の向上に結び付くのです。

また、ムイラプアミという成分には、性欲の増進、男性機能向上、EDの改善や回復効果があります。ムイラプアの血流促進作用がペニス周辺の血流を良くし、男性機能の改善に効果が期待できるのです。

さらに、これは余談にもなるかもしれませんが、ムイラプアマは、女性に対しても効果があると言われており、「媚薬」や「催淫剤」として使用されることもあります。

つまり、女性が飲むと「エッチな気分になる」というわけです。この効果をくれぐれも悪用しようと考えたりしないでくださいね。

ムイラプアマの成分、期待される効果

すでにご紹介したように、現在の時点で分かっているムイプラアマの成分は「遊離長鎖脂肪酸」「脂肪酸」「βレジン酸」「エステル化合物」「タンニン酸」「ステロール」「クマリン」「アルカロイド」「ムイラプアミン」「フォバヘーネ」といったものです。

それらも成分の精力増強に直接結びつかない部分での期待できる効果について少しご紹介しておきましょう。

まずは、「遊離長鎖脂肪酸」について。長鎖脂肪酸というのは、炭素を結ぶ鎖の数が12個から14個以上の飽和脂肪酸のことで、エネルギー源や身体を作る成分となります。

また、脂肪酸は「ケトン体」という癌細胞の増殖を抑える作用を持った物質を生み出すことも知られています。

次の「βレジン酸」ですが、レジンは身体の脂質を下げる効果がしれれています。

続いて「エステル化合物」はNO(一酸化窒素)を含む化合物で、NOは、男性器の勃起のメカニズムにおいて重要な役割を持つものです(バイアグラもNOの働きを念頭に置いて開発された薬なのです)。

さらにNOには成人病予防の効果も認められています。

さらに続いて、「タンニン酸」。タンニンという言葉は赤ワインなどの成分や味を表現する際に耳にしたこともあると思いますが、フェノール系の抗酸化物質の一種です。苦みや渋みの成分となります。

タンニンには、抗酸化作用、抗炎症作用、収れん作用、抗がん作用、抗腫瘍形成作用、抗菌作用、下痢止め、アテローム硬化症防止作用、血栓の予防などの作用が知られています。

では次に、「ステロール」。ステロールは「ステロイド」の一種で細胞膜を健全に保つ働きを持っており、コレステロールの吸収を抑える働きもあります。植物性ステロールには前立腺肥大の改善効果が認められています。前立腺の肥大は、尿障害や男性機能の低下をもたらすものです。

「クマリン」は「抗凝血作用」を持つもので、血栓ができるのを抑える働きがありますので、血栓系の成人病である脳梗塞や心筋梗塞の防止効果があると同時に血流を良くする効果があります。

アルカロイドは分子内に窒素を含むアルカリ性の植物または動物成分の総称です。アルカロイドは少量でヒトや動物に強い作用を示すものが多く、古くから医薬、農薬などとして使用されてきました。

アルカロイドには免疫組織を刺激し、病原菌への抵抗力を強め自然治癒力を活性化させる効果があるとされています。

ムイラプアマには、すでにご紹介した効果の他にも、神経機能の改善、血流の改善、低体温の改善などの効果があります。

また、自律神経の働きをよくすることでストレスを緩和し、強い滋養強壮効果やアンチエイジング効果もあるとされています。

最後の「フォバヘーネ」ですが、この成分も今ご紹介してきた成分と同様に血流を良くすることや抗酸化、抗菌作用などの働きにより、私たちの身体を健康にしたり、精力を増強したりという効果を発揮します。

ムイラプアマの副作用

ムイラプアマに関しては、アマゾンで先住民達に愛用されてきた歴史の中でも、近年になってサプリメントという形で世界的規模で使用されてきた中でも、副作用のようなものは一切報告されていません。

日本では、根茎部分が毒性を指摘されて医薬成分という扱いとなっていますが、「医薬品」として使用される位ですから、その有益な効果が認められているわけですし、用法・用量を守って服用する分には何の心配も必要ありません。

身体に害のあるものでしたら、医薬品としてみとめられませんし、「毒物」の扱いとなるはずですからね。

またそんな根茎部分も日本で製造・販売されているサプリメントには基本的に樹皮部分しか使用されていませんので、安心です。

ただし、サプリメントというものは、すべからず過剰摂取は厳禁です。特にクマリンは、注意が必要な成分です。

桜餅やシナモンなどの香り成分にも含まれている成分で、日常的に口にする分には、摂取量が少ないので、全くと言ってよいほど問題ありませんが、過剰に摂取すると「肝障害」を誘発する恐れがあることが知られています。

まあ、それもサプリメントとして摂取する分量では心配ありませんので、まずは用量を守って服用することだけを徹底してください。

ムイラプアマを効果的に摂り入れる方法

ムイプラアマがいくら精力回復に効くからといっても、ムイラプアマそのものを輸入するわけにはいきません。

精力増強や活力アップのためにムイラプアマを取り入れるのであれば、精力剤として販売されているムイアプアマ入りのサプリを継続的に飲むのがベストです。

そして精力剤を選ぶ時のポイントが、ムイプラアマ単体のサプリなどよりも、他の原料や成分と一緒にムイプラアマが配合されているものを選ぶということです。

 

ムイプラアマ配合の精力剤は種類がかなり少ないんですが、その中でもベストな選択は【ゼルタイン】という口コミでも人気のごちゃまぜ系精力剤です。



ゼルタインの詳細はこちら

 

ゼルタインの特徴としては、スッポンサソリマムシトナカイの角などの動物系のカプセルと、ムイプラアマをはじめとしたマカガラナトンカットアリ冬虫夏草カツアーバエゾウコギ高麗人参パフィアなどの植物系カプセル、さらにアミノ酸とビタミンに特化したカプセルの3種類のカプセルを同時に飲むことでそれぞれの相乗効果を生み出し、かなり強力な精力増強効果を実感できるようになっています。

一見すると少し値段が高く感じますが、まとめ買いするとお得に飲むことができますし、そもそもこれらの原料をバラバラに仕入れていたらそれこそかなりの値段になってしまいますので、効果を考えればコストパフォーマンスは良い部類の精力剤に入ると思います。

ドラッグストアに売っている中途半端な精力ドリンクに1本1000円もお金を出すなら、口コミでの評価も高いゼルタインを継続的に飲んで根本から体質改善をして、精力増強を目指す方が早いし結果的にお金も損せずに済みます。

値段や見た目だけに踊らされず、本物の精力剤を選ぶようにしましょう。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング