精力増強コラム

朝立ちのメカニズムと精力の関係性&朝勃ちを復活させる方法!

朝立ちと精力

若い頃は毎日のように朝立ちしていて、起きたときに親に見られたりして恥ずかしいくらいだったのに、

年齢とともに朝立ちすることが少なくなったため精力がなくなってきたのかな?と悩んでいる男性は少なくありません。

「朝勃ち=精力が強い」というイメージがありますが

実は必ずしも「朝立ちする回数が減る=精力減退」というわけではないのです。

そこで、ここでは朝立ちと精力との関係、朝立ちを復活させる方法について説明していきます。

朝立ちのメカニズム

朝立ちのメカニズム

朝立ちは、朝起きたときにペニスが勃起する現象ですが、実は同じようなことが就寝中にも起きています。

朝はレム睡眠と呼ばれる浅い眠りの時間が長くなり、そして起床します。

このレム睡眠のときに勃起しやすくなるわけです。

レム睡眠は寝ている間に何回か繰り返されるので、朝ではなくこの時に勃起している可能性もあります。

ですから、「朝勃ちの回数が減る=精力が衰えている」とは必ずしも言えないのです。

朝立ちは精力のバロメーター

朝勃ちは精力のバロメーター

朝立ちの状況に加えて、実際のセックスの時の状況や現在自覚している症状を判断材料に加えることで、精力のバロメーターを推し量ることができます。

何らかの薬を服用していない、またストレスや不安がないにも関わらず、朝立ちがなく、セックスの時も勃たない場合は、性器周辺の神経や血管に障害がある「器質性ED」の可能性があります。

朝立ちは時々するけどセックス時には十分に勃起できなかったり中折れしてしまう場合は、ストレスや緊張が原因でEDになる「心因性ED」の可能性があります。

 

朝立ちの回数が減ってきて、セックス時にペニスが十分な硬さにならなかったり時々中折れする場合は、精力が減退しているかもしれません。

器質性EDをの場合は、自力では改善できないため、病院で診察を受けて適切に治療しなければいけません。

心因性EDの場合は、原因を特定して適切な対策をする必要があります。

例えば、ストレスが原因の場合は、発散できるような運動や趣味を習慣にすることが大切です。

緊張が原因の時は、ED治療薬を服用して一度自信を付けると、その後は萎えなくなることが多いです。

朝勃ちの回復には精力剤が効果的

精力剤で朝勃ち

基本は日々の生活の中で精力減退につながることを止め、精力をアップさせる習慣をつけることが大切です。

その中で、食事はもっとも重要なことなので、疎かにしてはいけません。

精力回復に必要な栄養素を摂らずして、勃起力アップはあり得ません。

 

最近はコンビニ弁当や外食する人が増えていることから、栄養バランスが偏ったり、肥満になる人が多くなっています。

そうなると精力減退を招くことになりますので、できるだけ栄養バランスの取れた食事を心がけることが大事です。

参考記事:精力増強のために食事で意識すべきこと

 

その上で、精力アップに貢献してくれる亜鉛アルギニンなどが多く含まれているレバーや牡蠣などの食材を使いましょう。

食事の中で摂取するのが難しい場合は、精力剤(サプリメント)を飲むことをおすすめします。

精力剤ならば、精力増強に必要な栄養素がバランス良く含まれているので、継続することで朝立ちの頻度も高くなるでしょう。

実際に私も、以前は全くと言っていいほどしなくなった朝立ちを、精力剤を飲み始めてからは週に3回以上というかなりの頻度で朝勃ちするようになりました。

朝立ち

朝勃ちと精力 まとめ

以上のように、朝勃ちと精力に関しては完全に直結しているわけではないものの、やはり朝立ちはある程度精力のバロメーターになります。

朝立ちの回数が減ってきた、セックスの時も萎えることが多くなってきた…そんな時は、男性機能が弱って精力が減退しているので、上記にあるような有効な対策をとりましょう。

 

現代の忙しい生活の中で、最も手軽かつ有効な対策としては精力剤を飲むことです。

まずは性力アップにつながる栄養素を摂らないことには精力増強は見込めません。

どんな精力剤を選べば良いのかわからない、迷っているという方は、私が今まで試してきた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミも好評な精力剤をランキングにまとめましたので、是非こちらも併せてご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング