精力剤の原料、成分

精力剤としての葉酸の効果と副作用とは?

葉酸精力剤の精力効果

ここ数年で耳にするようになった「葉酸」という言葉。

妊娠をするための土台作りや妊婦さんのための栄養補給として、妊活サプリのメインの成分として知られています。

妊活と精力増強には当然深い関わりがありますので、葉酸も精力剤としての効果に期待できるのではないかと考えるのが自然かと思います。

そこでこの葉酸の基礎知識と精力増強効果、副作用についてわかりやすくまとめました。

妊活を含め、性機能や性欲の向上にもつながる注目のキーワードである「葉酸」、これを機に知っておいて損はないと思います。

葉酸とは?

葉酸とは、簡単に言うとビタミンの1種です。

ビタミンというと、「ビタミンC」とか「ビタミンE」とかいった名前のイメージが強くて、「葉酸」という漢字二文字の名前からはビタミンというイメージとはつながりにくいかもしれませんね。

しかしれっきとしたビタミンであり、1941年にホウレンソウの葉から発見されました。その発見の経緯、ホウレンソウの葉から発見されたということから葉酸と呼ばれるようになったのです。

葉酸には「ビタミンM」とか「ビタミンBg」という別名もありますが、現在はビタミンB群のビタミンの1つとして「葉酸」という名称で呼ばれることが一般的となっています。

前述しましたが葉酸は、最近では妊婦さんや妊活中の女性にとって積極的に摂取することを推奨される栄養剤として話題に上がることが多いですね。ここ数年で一気に認知された感があります。

 

葉酸の働きとしては、代表されるのが「造血作用」です。葉酸は同じビタミンB群の「ビタミン12」とともに赤血球を作り出すという働きを持っています。

昔から「貧血気味の人はホウレンソウを食べた方が良い」と言われてきましたね。その理由として「ホウレンソウには鉄分が豊富に含まれているから」と言われていたような記憶もあります。

確かに、ホウレンソウには鉄分も豊富に含まれていますし、鉄の吸収を高めるビタミンCも豊富に含まれています。

しかし、鉄だけではなく、葉酸の働きも大きかったのですね。

 

葉酸の働きには、それ以外にもあります。

たとえば「傷ついたりダメになった細胞を再生する作用」がその1つ。

葉酸が不足すると細胞の新生が活発な口腔内の粘膜や舌、腸管の粘膜などで問題が発生しやすくなります。口内炎や下痢などがその症状です。

また、葉酸は必須アミノ酸である「メチオニン」の代謝における中間体「ホモシステイン」をビタミンB6ビタミン・B12と一緒になって分解するという働きを持っています。

血中のホモシステインが増え過ぎると動脈硬化を来し血栓もできやすくなりますので、年齢とは関係なく心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めてしまいます。

ただし、葉酸には「熱や水に弱い」という弱点もあり料理する過程で失われることも多いため、食品からは摂取しづらいのです。

また、水溶性で身体への吸収性も良く無く、食品として摂取した場合には半分程度しか吸収されずに、体外へ排出されることになります。

上記にお伝えしてきたような内容を考えると、毎日積極的に葉酸を摂取した方が良いということは良くお分かりかと思います。

葉酸は多くの食品に含まれていますが、特に豊富に含む食品ご紹介しておきましょう。

【野菜類ベスト5】

「枝豆」
「モロヘイヤ」
「ブロッコリー」
「ホウレンソウ」
「かぼちゃ」

【果物類ベスト5】

「いちご」
「アボガド」
「キウイ」
「バナナ」
「みかん」

 

【果物類ベスト5】

「焼のり」
「ウニ」
「ウナギの肝」
「たたみいわし」
「レバーペースト」
「納豆」

お伝えしたように葉酸は熱に弱いので、「生で食べられる果物の方がより良いのかな」と思われるかもしれませんが、「いちご」の葉酸含有量が100gあたり90μgであるのに対して、茹でて食べるのが一般的である「枝豆」は100gあたり260μg含有しています。

口に入れる時点でどちらの方が葉酸含有量が多いのかは不明です。

また、ご紹介したように食品として摂取した場合約半分しか体内に吸収されませんので、葉酸を積極的に多く摂取したい人は、食品だけではなくサプリメントも併用して摂取することが良いですね。

葉酸の性力効果

参考:葉酸と母子の健康を考える会

葉酸の精力増強効果

先ほどご紹介した「ホモシステイン」の分解作用とも関わることですが、体内の葉酸の量が増えることで、動脈の状態が改善され、血流が正常化することによってペニスの勃起がスムーズになることが知られています。

このことに関しては、医学的にも研究データが発表されており、不妊治療の一環としての男性側の勃起力の改善のための成分として葉酸が使われています。

また男性の精力を向上させる効果のある成分として代表的な「アルギニン」というアミノ酸があるということは、皆さんでしたらご存知かと思います。

アルギニンが効果を発揮する働きの1つが、葉酸と同じように血流を良くすることによって勃起力を高めることです。

そして、もう1つのアルギニンが精力増強に効果を発揮する働きとして、「<NO(一酸化窒素)>を生成させること」というのがあります。

NOは、男性器の勃起にとって非常に重要な役割をするものです。そしてアルギニンによるNO生成作用は、アルギニン単体では十分ではないことが知られており、アルギニンの効果を最大限に高めるために必要とされるのが「葉酸」なのです。

したがって、精力をアップさせるためにアルギニンをサプリメントなどを摂取しようとする時には、一緒に葉酸を採取しておけば、大きな精力アップが期待できるのです。

この様に、成分それぞれの特徴そ知っておくと、精力剤選びや飲み合わせなどで有効に栄養素を摂取できるようになりますし、せっかくお金を払って買っている精力剤のコストパフォーマンスを上げることにも繋がります。

 

葉酸の副作用

葉酸の副作用と口コミ

お伝えしたように、葉酸は水溶性が高く、吸収率も良くない成分です。

食事から葉酸を摂取するだけで、葉酸が過剰量となることは考えにくいことです。

だからこそ、妊婦や妊活中の夫婦などには、治療の一環として注射で投与したり、処方薬を出したりしていますし、サプリメントなどで食事では足りなくなる分を補って摂取するように推奨されるのです。

しかし、「葉酸が不足気味である」と医師に診断されたわけでもない人がサプリメントで葉酸を摂取する場合には、過剰に摂取しないようにすることが必要です。

過剰に摂取すると、葉酸過多状態となり、「発熱」「じん麻疹」「かゆみ」「呼吸困難」などの症状を起こしてしまうリスクがあります。

サプリメントで葉酸を摂取する場合には、用法・用量をしっかり守るようにしましょう。

用量を守って飲んでいれば、基本的に葉酸は副作用の心配をする必要はありません。純粋にその精力効果に期待しましょう。

 

葉酸を効果的に摂り入れる方法

葉酸が配合されているサプリは数多くありますが、男性が葉酸の精力効果を実感するためには、葉酸だけでなく他の精力増強成分も一緒に摂れるサプリを選ぶのがポイントです。

その中でも口コミも多く人気なのがマイシードというサプリです。

マイシードの詳細はこちら

 

マイシードは、亜鉛とコエンザイムQ10、大豆ソイポリアを軸に、葉酸、マカシトルリンなど精力に効く成分をバランスよく配合しています。

妊活サプリとしてはもちろん、精力剤としての効果も同じ役割ですので、十分に精力増効果に期待ができます。

葉酸の効果を試しつつ、しっかりと精力アップを目指したい人にはぴったりのサプリなので、初回購入の割引を利用してお得に試してみることをおすすめします。

 

この他にも、私が今まで飲んできた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミでも評判な精力剤をランキングにまとめました。

こちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思いますので是非一度ご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング