ペニス増大

ペニス増大サプリは危険?安全なサイズアップサプリの選び方

危険なペニス増大サプリ

男性の短小コンプレックスを手軽に解消できるアイテムとして販売されているペニス増大サプリの種類はどんどん増えています。

原材料や配合量にこだわった物も多いですが、中には安全性が確保されていない危険なサプリがあるのも事実です。

その中には、海外産のサプリも数多くあります。

ここでは、海外産ペニス増大サプリの危険性や国内産サプリが安全な理由について解説していきます。

海外産のペニス増大サプリの危険性

海外産のペニス増大サプリは危険

実は海外産の増大サプリには多くの危険が潜んでいます。

広告や宣伝に使われているモデル等を見るといかにも効きそうなイメージですが、危険なサプリもあるので注意して選ぶ必要があります。

その理由を、ここでは大きく分けて3つのポイントにまとめました。

1.医薬品成分の配合

基本的に増大サプリは、シトルリンやアルギニン等のアミノ酸や、亜鉛等のミネラルを中心に主に天然成分、または天然素材から抽出された原材料の働きで徐々に体質を変えていくものです。

関連記事:ペニス増大に必要な成分とは?増大サプリの選び方

そのため、通常は医薬品成分は配合されません。

そもそもペニス増大サプリはその名の通り「サプリメント」なので、医薬品成分を配合さてはいけないという法律があります。

しかし海外産の増大サプリには、効果だけでなく副作用も強く出る恐れのある医薬品成分が配合されているものがあります。

日本国内で認められていない医薬品成分が配合されている場合もあります。

医薬品の中には飲み合わせや体質によっては命に関わるものもあるので、特に注意が必要です。

実際に厚生労働省でも、海外産サプリメントの購入や服用について注意を喚起しています。

2.不純物の混入

増大サプリの製造環境が劣悪な場合、サプリの中に不純物が混入することがあります。

特に中国産のサプリは注意が必要です。

工場の衛生管理体制が整えられていないことが多いため、体に害を及ぼす不純物が入りやすいのです。

また周辺に何らかの化学物質を取り扱う工場がある場合、大気や土壌の汚染がサプリに悪影響を及ぼすことがあります。

関連記事:【注意】中国産精力剤は超危険!国産精力剤がベストな理由

3.成分量が多すぎる

海外産の増大サプリは、主に製造国の基準に合わせたものが製造・販売されています。

アメリカは超訴訟社会なので、サプリを飲んだユーザーから効果が無いと訴えられないように法律で定められている最大量を配合していることが多くあります。

一見、成分の配合量が多いのは良いことのように感じますが、大柄で体重も重いアメリカ人ですら過剰摂取になってしまうようなサプリを、小柄な日本人が飲むことでより危険な副作用が現れるというケースも多く報告されています。

また、国が定めた基準で管理されていない製造元では、そもそも法律を無視して成分を過剰に配合するケースもあります。

そのような増大サプリは日本人には強すぎるため、副作用が強く出たり体調を崩したりすることがあります。

たとえば、男性ホルモンの分泌に関わりのある亜鉛の上限摂取量は1日40mgと決められています。

しかし海外産サプリでは、その量を超える成分量が配合されることがあります。

亜鉛はサプリだけでなく普段の食事からも摂取するため過剰摂取となり、銅の欠乏や貧血などの副作用の症状が現れやすくなります。

国内産のペニス増大サプリが安全な理由

国内産のペニス増大サプリの安全性

外国製のペニス増大サプリの危険性に関して説明しましたが、逆に国内産の増大サプリには、海外産にはない特徴があります。

品質の高い原料や成分が使われている、日本人に合ったサプリが作られている、安全基準を満たしているなどです。

どのジャンルでも日本製品のクオリティは世界でも一番高いですが、ペニス増大サプリにおいてもジャパンクオリティは発揮されています。

1.高品質の原料や成分

日本で製造されている増大サプリは、日本人向けに開発されているので国内市場で展開されることがほとんどです。

国内では増大サプリの競争率は高く、どのメーカーも独自色を出すために様々な差別化を図っています。

その中でもっとも重要な要素が、配合する原料や成分へのこだわりです。

効果的な原料を使用するだけでなく、品質も高くなるように工夫されているものが多いです。

たとえば現在注目されている原料のクラチャイダムは、栽培している現地で不純物が入らないように、また周囲に汚染物質がないように管理を徹底しています。

そうすることで、安全で高品質の原料を増大サプリに配合することができます。

2.日本人の体質に合ったサプリ

体質は当然ながら人種や国でも異なります。

民族や人種によって生まれ持っている消化酵素や栄養素の吸収できる効率が違うこともあります。

この体質の違いで、ちんこのサイズアップにも効果が出やすい成分の配合量や配合割合が変わってきます。

国内産の増大サプリは、日本人がもっとも効果が出るように、各メーカーが配合する成分の種類や量を研究しています。

そのため、海外産に比べて国内産の増大サプリのほうが効果は実感しやすいです。

3.確かな安全基準

安全基準が確立されていない海外産サプリとは反対に、国内産サプリの多くは安全基準を満たしています。

たとえば日本には「GMP基準」というものがあります。

GMPとは適正製造規範のことで、原料の仕入れから製造、出荷に至るすべての過程で安全かつ一定の品質を維持するように定められた基準です。

そのためGMP基準を満たした工場で作られた増大サプリは、安心と安全、さらに高品質なものと言えます。

関連記事:精力剤の安全基準【GMP認定,HACCP,有機JAS認証】とは?

ペニス増大サプリの安全性 まとめ

ペニス増大サプリ

このように増大サプリの安全性は、海外産と国内産でまったく異なります。

もちろん海外産の中にも安全なものはありますが、英語やその国の言語で書かれている説明や口コミを見ても、安全性を確認しにくい傾向にあります。

またはコピー商品を購入してしまい、効果がまったくなかったり副作用が出てしまったりするケースも少なくありません。

国内産でGMP基準を満たしているサプリならばほぼ安全ですので、増大サプリを選ぶ際には国内産の中から選ぶことをおすすめします。

 

個人的には、今までいくつかのペニス増大サプリを試してきた中でも、一番効き目を実感できてコストパフォーマンスも良かったと感じているヴィトックスというサプリがベストという結論に至りました。

ペニス増大サプリの中でも、何年間もダントツで1位の人気をキープしている定番サプリです。

私が飲んだ実体験からも、多くの男性の口コミからもサイズアップを実現する一番の近道だと実感しています。

ペニス増大サプリvitox

変なサプリを掴まされたくないと思っている方は、迷ったらまずはこれを試してみることをおすすめします。

 

ヴィトックスの公式サイトはこちら