EDの知識

コーヒーで精力増強?カフェインとEDの関係性とは

コーヒーで精力増強

毎日の仕事やリラックスタイムにコーヒーは欠かせないという人も多いと思います。

私もコーヒーが大好きで、朝起きてから寝るまでに毎日3~4杯飲みます。

コーヒーやカフェインは取り過ぎると良くないという話を聞きますので「コーヒーとEDは関係あるの?」「飲みすぎると精力減退になるの?」など心配する声も少なくありません。

そこで、コーヒーはEDや精力とどんな関係があるのか、効能や飲み方の注意点をまとめました。

個人的には、調べてみて初めて知った事実もあり、驚きの情報でした。

カフェインと精力増強の意外な関係とは?

コーヒーの効能

コーヒーの効能

まず、前提としてコーヒーを飲むことによって得られる効果についておさらいしておきましょう。

すでにご存知かと思いますが、コーヒーにはいろいろな効果・効能があることがわかっています。

覚醒作用

コーヒーに入っているカフェインが中枢神経に働きかけ、眠気をシャットアウトして脳を覚醒してくれます。

仕事などで眠気覚まし目的でよく飲まれているのは、この働きがあるためです。

コーヒーを淹れなければ一日が始まらないというほど、私にとっても欠かせない一杯です。

リラックス効果

覚醒作用とは相反するように思えるかもしれませんが、休憩や一息つきたい時に、コーヒーはリラックス効果をもたらしてくれます。

香りと味によってアンカリング(感覚を感知すると自然といつもの反応が出る)されている人も多いかと思います。

疲れていてもコーヒーを飲むことでリフレッシュしてリラックスできます。

消化の促進

実は消化を助けてくれる働きもあります。

コーヒーには消化液の分泌を促進する効果があります。

そのため、特に食べ過ぎた時に飲むことで消化不良を予防できます。

二日酔いの緩和

二日酔いは、アルコールの摂取によって発生する有害物質アセトアルデヒドが体内に拡散することで起こる現象です。

カフェインには、血管の収縮と利尿作用があるため、アセトアルデヒドを排出して二日酔いの症状を早く収める効果があります。

アンチエイジング効果

コーヒーの持つ抗酸化作用も注目されており、アンチエイジング目的で飲んでいる人もいます。

そして、この作用によりED解消や精力増進をサポートしてくれる効果があることも注目されています。

コーヒーとED、精力の関係

コーヒーとED

肥満やメタボは、男性ホルモンの分泌を阻害して精力減退やEDを促進してしまうデメリットがあります。

そのため、ダイエットをして適正な体重や体脂肪率を維持することは、ED予防のために大切なことです。

カフェインには脂肪燃焼効果があります。

特に、筋トレやジョギングなど運動をする30分ほど前にコーヒーを飲んでおくことで、より効率的にダイエットすることができます。

肥満気味でEDの症状が頻繁にあらわれている人にとって、コーヒーを飲んだ後の運動は、精力アップに加えEDも改善できる有効な方法なのです。

関連記事:精力と運動の関係性|最も効果的な精力回復法とは?

 

また、メタボから発展して糖尿病になると、さらにEDになるリスクが高まります。

シドニー大学の研究では、コーヒーを1日3杯程度飲み続けると2型糖尿病の発症リスクが20%以上低下することがわかっています。

糖尿病予防にも効果的というわけですね。

 

コーヒーの持つリラックス効果で、ストレスや不安などをある程度解消することもできます。

リラックス効果に抗酸化作用もプラスされて、うつ病の予防になることもわかっています。

緊張が原因で勃起できない場合は、セックス前にコーヒーを飲むことでEDを予防する効果があるので、心因性のEDで悩んでいる人はぜひ試してみましょう。

このように、コーヒーとED予防や改善、精力増強には関係があることがわかりますが、飲み方を間違うとデメリットのほうが大きくなってしまうため注意が必要です。

コーヒーを飲むときの注意点

コーヒーとED

コーヒーを飲むことでデメリットも発生します。

もっとも注意したいことは、飲み過ぎによるカフェイン中毒です。

カフェイン中毒になると、不眠症やめまい、頻脈、高血圧など様々な症状があらわれます。

実際に、深夜まで仕事をしてた男性が、錠剤や清涼飲料水などで大量のカフェインを摂ったことで死亡した例もあります。

コーヒーの最大摂取量は、日本では定められていませんが、ヨーロッパやカナダでは、成人の場合コーヒーは1日に7杯までにすることと決められています。

ですから、1日3~4杯程度なら問題ないことになりますね。

 

その他の注意点としては、睡眠の質が低下することが挙げられます。

良質な睡眠が確保できないと、体力が十分に回復しなかったり成長ホルモンの分泌が低下したりとデメリットが多く発生します。

睡眠不足による男性機能の低下もあります。

摂取したカフェインが大幅に減るには6時間ほどかかりますので、寝る6時間前以降は飲まないことを心がけてください。

参考記事:睡眠と精力増強の関係性

 

アメリカの調査では、コーヒーなどで適切な量のカフェインをとっている人はEDになる危険性が減るという結果が出ています。

飲み過ぎには注意しながら、1日3杯程度ならば、リラックスやED改善、精力増進に効果的です。

肥満気味だったりストレスが溜まっていると感じている人は、コーヒーを飲むことを習慣にしてもいいですね。

効果的に精力を高めるなら精力剤

効果があるのは精力剤

コーヒーが以外にも精力アップにつながると言うことがわかりましたが、ただコーヒーを飲んでいるだけで勃起力が上がるとは考えにくいものです。

精力を高めるにはそれ相応の行動が必要になりますが、生活習慣を健康的に改めるのと同時に、マカやクラチャイダムなどの精力剤(サプリメント)を飲むと、精力増強に必要な栄養素が補えるのでとても効果的です。

コーヒーとの組み合わせで注意しなければいけないのは、もし精力剤を飲むならコーヒーと一緒に飲んではいけないという事です。

どんな薬やサプリメントも、コーヒーやジュースではなく水で飲むのが基本です。

禁止されているという事ではありませんが、せっかくの栄養素が吸収されにくくなってしまうのでもったいないという意味です。

関連記事:精力剤を飲むタイミングはいつが効果的?知らないと損する知識

 

なので、コーヒーを日常的に飲みつつ、精力剤を飲む時は水で飲むということを覚えておいて損はないです。

精力剤を選ぶ時の参考に、私が今まで試してきた50種類以上の精力剤の中から、特に効果があって口コミも好評な精力剤をランキングにまとめましたので、是非こちらも併せてご覧ください。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング