精力剤の原料、成分

精力増強剤としてのコエンザイムQ10の効果と副作用とは?

コエンザイムQ10で精力アップ

かつては心臓病の治療に使われていたコエンザイムQ10ですが、最近では若返りやダイエットのためのサプリメントとして人気です。

またその抗酸化作用やアンチエイジング効果から、精力増強やED改善に効果が期待できると注目されています。

ここでは、コエンザイムQ10の効果やおすすめの摂り方などについて説明していきます。

「コエンザイムって名前は聞いたことがあるけど実態は良く知らない。」

「性力アップに期待できるなら一度取り入れてみたい!」

そんなあなたにはぴったりの内容となっていますので、じっくりと読み進めてくださいね。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10には様々な効果があります。

まず本来の使用方法、つまりかつて心臓病の治療で使用されていた理由は、コエンザイムQ10には心臓の活動を高める働きがあるためです。

心臓の活動が高まると血流がよくなり、身体機能のベースアップが可能になります。

 

そして健康面で最も期待されている効果である抗酸化作用にも注目です。

私たちは呼吸することで、常に体内に活性酸素を発生させています。

またストレスや食品添加物、タバコ、紫外線などによってさらに多くの活性酸素が発生します。

活性酸素は細胞を傷つけ、生活習慣病を発症しやすくします。

コエンザイムQ10の持つ抗酸化作用で、身体の害になる活性酸素の発生を抑えてくれるのです。

それに伴うアンチエイジング効果によって、心身の老化現象を食い止め若返りを図ることができます。

肌や骨などの老化、更年期の各症状を防ぐことができます。

 

これら血流改善や抗酸化作用、アンチエイジング効果は生活習慣病の予防にも効果的です。

さらに男性機能の低下を改善する効果も期待できます。

参考:健康食品の安全性・有効性情報

コエンザイムQ10と精力の関係

コエンザイムQ10と精力剤

コエンザイムQ10によって細胞が若返ると、加齢による男性ホルモン「テストステロン(NO)」の分泌量の低下も抑えることができます。

テストステロンが減ると、性欲や精子の減少、EDの発症など男性機能が低下してしまいます。

特に40歳を超えると男性ホルモンの分泌量の低下は加速します。

また体内のコエンザイムQ10の量も、40歳頃から大きく減ります。

コエンザイムQ10を積極的に摂取することで、身体の細胞を活性化させて精力増強を図ることができるのです。

コエンザイムQ10の副作用

気になる副作用ですが、コエンザイムQ10には特に副作用がありません。

元々身体の中で生成されるものですし、心臓病の治療に使われるくらいなので安全性はとても高いです。

過剰摂取の場合は吐き気や下痢などを伴う症状も出るそうですが、それはどんな物質、成分に関しても一緒です。

サプリメントなどの用量を守っている限り、コエンザイムQ10の副作用が現れるという可能性は極めて低いということになります。

つまり安心して飲むことができるというわけですね。

コエンザイムQ10のおすすめの摂り方

コエンザイムQ10を効率的に摂取するためには、サプリメントがおすすめです。

亜鉛などと違って過剰摂取による副作用は報告されていません。

しかし目安として1日あたり100mgほど摂取することをおすすめします。

 

サプリメントによる摂取が難しい場合は、食材から摂取することになります。

コエンザイムQ10が多く含まれる食材には、マグロや鮭などの魚類の他、大豆製品やレバー、ほうれん草などがあります。

ただし、食材に含まれるコエンザイムQ10の量は決して多くありませんし、体に吸収されにくいデメリットもあります。

そのためサプリメントで補うほうが効率的です。

関連記事:※ムラムラ注意※精のつく食事とは?精力増強のための食生活

コエンザイムQ10は精力増強に期待できる

以上のようにコエンザイムQ10は、血流改善や抗酸化作用、アンチエイジング効果など、男性機能の維持や向上に効果的な要素を多く含んでいます。

単純に若々しさをキープできれば、精力面でも精神面でも元気に過ごすことができますよね。

 

血管の酸化は動脈硬化を進行させてEDを悪化させてしまいますし、加齢によるテストステロン減少は男性機能全般に悪影響を与えます。

勃起はペニスへの血流量で硬さや持久力が決まるので、全身の血流悪化も中折れやED症状を招きます。

これらに対抗するように、コエンザイムQ10を日常的に摂取することは、精力増強やED改善にたいへん効果的なのです。

 

精力剤 口コミ&効果ランキング