精力剤としてのシトルリンの効果と副作用とは?

      2017/11/06

20161114233443

シトルリンという言葉は精力増強や性欲回復、ペニス増大を目指す男性にとっては必ず知っておくべきキーワードです。

アルギニンとともに、精力の最重要な成分、栄養素です。

様々な精力剤の原料となっていて、精力増強には欠かせないシトルリン。

その精力効果と摂取する上で知っておくべき特徴、そして気になるシトルリンの副作用についてわかりやすくまとめましたので、あなたの精力回復の手助けになればと思います。

シトルリンとは?

シトルリンというのは、たんぱく質の構成要素であるアミノ酸の1つ。

身近な食べ物ではスイカに多く含まれていて、精力剤や増大サプリのシトルリンもその多くがスイカから抽出されています。

近年、スイカを食べると精力増強が期待できるという話が盛り上がってきましたね。

 

「アルギニン」や「オルニチン」とともに尿素代謝のオルニチン回路(=尿素回路)を形成する重要な一員です。

オルニチン回路とは、身体にとって有害な物質である「アンモニア」を無害な「尿素」に変える代謝機能で、この結果、尿素と変換されたアンモニアは、尿として体外に排出されます。

従って、オルニチン回路が正常に働かないと体内にアンモニアが蓄積していくこととなり、「高アンモニア血症」を起こし意識障害を引き起こすことになります。

しかし、シトルリンに関して言えば、オルニチン回路の代謝機能の過程の中でアルギニンから生成される成分ですから、シトルリンの不足により「高アンモニア血症」を起こすケースはあまり考えられず、「高アンモニア血症」を起こす原因となるのは、先天性の「尿素回路異常症」もしくは肝硬変などの肝臓の病気による「肝機能の低下」です。

従って、シトルリンがヒトの身体に及ぼす影響について考えるとき問題になるのは、シトルリンが不足することによってオルニチン回路が不全になるというマイナス面ではなく、シトルリンが増えることによるプラス面の影響になります。

シトルニンが増えることによって生じるプラス面の効果とは、NO(一酸化窒素)を発生するという点にあります。

オルニチン回路は、「回路」と言う名前がついているように、循環するものです。

「アルギニン」→「オルチニン」→「シトルリン」→「アルギニン」→「オルチニン」→「シトルリン」と、

「アルギニン」と「シトルニン」の2種類のアミノ酸が、「オルチニン」というアミノ酸を介して相互に入れ替わり続けます。

この3種類のアミノ酸で形成する環(ループ)が回転していくことでアンモニアが尿素へと無害化されていくのですが、同時にNOを産出します。

実は、このNOがヒトの身体にとって重要な役割を持っているのです。

そして、シトルリンを外部から摂取することで、NO産出が活性化されることが知られています。

シトルリンの精力増強効果

NOが持つ重要な働きとは、血管内で血管を刺激して血管を弛緩させたり拡げたりして、血流を良くするのです。

NOのこうした働きは毛細血管、末梢血管にまで及びます。

この効果は、高血圧の改善をはじめ、様々な健康増進効果をもたらします。その効果につてもご紹介しておきましょう。

リンパ還流を促進することで老廃物や病気の基となる異成分の排出を助け、白血球および抵抗力を増加させます。

また筋肉においては、筋肉の緊張をやわらげ弾力性を向上させるとともに、自然治癒力を高め筋肉の損傷部の鎮痛、修復を行います。

関節においては可動域を拡大し関節痛の鎮痛、改善を行います。皮膚でも新陳代謝を促進し肌の弾力性を増します。

皮膚温度が上昇し筋肉への血液供給を充足させますので、冷え性の改善、脂肪燃焼の促進=ダイエット効果も生み出します。

また、副交感神経を刺激して理サックス効果も生み出します。

といったように、NOはヒトの身体の健康を増進するために実に様々な効果を発起します。

そして、忘れてはいけないのが、その効果が精力の面でも発揮されるということです。

毛細血管、末梢血管まで血管を弛緩させ、血流を促進しますから、男性器内の海綿体においても同様に血流の促進が起こります。

つまり、海綿体への血液流入=勃起力の向上につながるのです。

実は勃起が起こるメカニズムもNOが大きく関連しています。性的刺激を受けた脳が、勃起中枢に働きかけ、海綿体の中でNOを放出させることでおこっているのです。

シトルリンを摂取することで、血管内でのNo産出が促進されますから、勃起力の向上に直接的な効果を生み出します。

20160812165624

参考:シトルリンの働きと効果(シトルリン研究会)

シトルリンがペニス増大サプリの原料に使われている理由

精力剤と似たジャンルのサプリで、同じく男の悩み解消のサプリメント「増大サプリ」がありますが

このペニス増大サプリは基本的にシトルリンが原料となっています。

増大サプリには例外なくシトルリンが使用されていますが、その理由は前章でご説明した通り、NOの生産という働きがあるからです。

NOの生産によって、海綿体であるペニスに普段の生活ではありえない量の血流が流れ込みます。

海綿体は膨張しますので、一気に勃起状態を最大に持っていくことで、萎えても次回の勃起時には少し膨張した状態まで持っていけるというメカニズムです。

ただ、これは継続的にサプリを服用し続けて長い目で成長させていく必要があります。

私自身、増大サプリを飲んでペニス増大を目指したことがありますが、確かに効果がある増大サプリもありました。

このことに関してはおすすめのペニス増大サプリの商品紹介ページで詳細を書いてありますので、もし興味がありましたらご一読ください。

増大サプリ購入の参考になるかと思います。

シトルリンの副作用について

シトルリンはヒトの体内で生成されるアミノ酸でもあります。

ヒトの体に害のあるものを生成する機能がヒトに備わっていることはあり得ませんから、シトルリンに人体に対する害がないことは確実であると言えるでしょう。

ただし、「シトルリン血症」という病気があることも事実であり、「シトルリン血症」になると体内のシトルリンの量が極端に上昇したり、逆に欠乏してしまいます。

シトルリンの摂取によって「シトルリン血症」になることはなく、遺伝的要因が大きいと言われています。

もし「シトルリン血症」と診断されたことがある方の場合は、シトルリンをサプリメントなどで摂取する時には、必ず医師の相談を受けるようにするべきでしょう。

それ以外の方でしたら、特に副作用などの心配は必要ありません。

しかしながら、どんなに身体に無害なもの、身体にとって良いとされているものでも短期間に過剰に摂取することには問題があります。

サプリメントなどを服用する場合には、必ず取扱説明書を熟読し、用法・用量を厳守するようにしましょう。

精力剤やペニス増大サプリなどの用量を守って飲んでいれば、危険な副作用の心配は無用ということです。

 

シトルリンを効果的に摂り入れる方法

精力剤の原料に絶対的に欠かせないシトルリンですが、実はあまり知られていない特徴があります。

それは、「シトルリンは体内でアルギニンと結びつくことによって、相乗効果が発揮される」ということです。

なので、シトルリンを効率よく摂取しようとしたら、アルギニンも配合されているサプリを飲むのが効果的なのです。

アルギニンを豊富に含む植物の代表としてあげられるのがマカ。そしてなんとそのマカの2倍以上のアルギニンを含むクラチャイダム。この2台巨頭は精力剤において絶対に外せません。

このマカとクラチャイダムとシトルリンが主原料になった超攻撃型の精力剤がマカエンペラーです。

実は私もかなりお気に入りの精力剤なんですが(おすすめの精力剤ランキングのトップ3に入っています!)、勃起力が上がったのはもちろん、ムラムラ感と射精時の爆発力(快感)がすごいです。笑

クラチャイダムのみのサプリも精力増強にはかなり効果的ですが、マカエンペラーはアルギニンとシトルリンの相乗効果で気分的にも盛り上げてくれますので、日々の気分がなんとなく上向きになります。今まで以上に女性のお尻を目で追ってしまうみたいな感じです…。

高品質なサプリなので価格的には安いとは言えませんが、効果に対しての費用で考えたらコストパフォーマンスは高い部類の精力剤になりますので、アルギニンとシトルリンの精力効果を実感してみたいという方は、まずはお試しで1ヶ月分だけでもお取り寄せしてみると良いですよ。

その少しの勇気で、今後のセックスライフが大きく変わることを約束します。

 

 

 

 

あなたにオススメの記事はこちら

1
【知らなきゃ損】精力剤とED治療薬の違い|効果や副作用、原料について

「精力剤」という言葉を聞くと、まず最初に頭に思い浮かぶものが人それぞれ違うと思い ...

2
コンビニで市販されている精力剤の効果を暴露!緊急時のオススメは?

「今からのセックスに備えてすぐに買える精力剤が欲しい!」 「コンビニで市販されて ...

3
【EDを自力で治す方法】諦める前に読むべし!効果的な解決法とは?

男性であれば、誰もが通ることになるEDや精力減退の悩み。 「最近勃起力が低下して ...

4
精力剤でペニス増大は可能か?サイズアップサプリと精力剤の違い

世の男性の性の悩みは大きく分けて2つ。 「精力不足」と「短小コンプレックス」です ...

5
精力剤の健康面への効果|精力サプリの意外なメリットとは?

精力剤には、男性機能の向上や精力増進のためのサプリメントというイメージがあります ...

 - 精力剤の原料、成分 , , , , ,