ペニス増大

お酒を飲むとペニスは大きくなるのか?アルコールとサイズアップの話

アルコールとペニス増大

ちんこのサイズを大きくするには、まずはとにかくペニス周辺への血流量を増やすことです。

そこで、アルコール類を飲むと血流が良くなることから、ペニスの増大効果もあるのではないかと考える男性も多いようです。

そこでここでは、お酒にはサイズアップ効果があるのか、アルコールのペニスサイズへの影響について解説していきます。

身近にあるお酒の効果を知ることで、サイズアップに適切な行動を選ぶことができます。

ぜひご一読ください。

体内でのアルコールの働き

お酒でちんこ増大

アルコールを飲むことで血中アルコール濃度が変化します。

その濃度や期間によって、神経や血流、男性ホルモンなど様々なものに異なる影響を及ぼします。

1.副交感神経への働き

少量のお酒を飲むと、神経が静まりリラックス作用が働くことで精神安定作用が生まれます。

このような血中アルコール濃度が低い状態では、気分がさわやかになったり行動が活発になったりします。

さらにアルコールを摂取すると、脈拍数の増加や集中力の低下などの症状が発生します。

「ナイトキャップ」と言い、お酒を睡眠導入のために用いるケースもあります。

実際に飲酒後は眠りにつくまでの時間は短くなります。

しかし寝る前に摂取したアルコールは、睡眠の後半に覚醒作用を生み出すことがわかっています。

そのため、すぐに眠れますが全体的に浅い眠りとなるパターンが多いです。

2.血流量の増加

厚生労働省の発表では、適度な飲酒量は血流を良くし、循環器系疾患のリスクを減らすことがわかっています。

そのため、高血圧や心不全などの心臓に関する病気にかかりにくくなる効果が期待できます。

しかし適度な飲酒量でも、脳出血のリスクは高まります。

皆さんもご存知の通り、過度な飲酒の場合、様々な悪影響を及ぼします。

血流に関しては、抹消血管の閉塞を引き起こしやすくなります。

そのため飲酒によって血流は良くなっていると感じていても、毛細血管においては反対に血流が悪くなっています。

3.男性ホルモンへの影響

飲酒が直接男性ホルモンの分泌を促すことはありません。

適度なアルコール摂取によるリラックス作用が、副次的に男性ホルモンの分泌を増やすことにつながる場合もあります。

反対に過度な飲酒を長期間続けると、男性ホルモンの分泌量が少なくなることがわかっています。

アルコールのペニスサイズへの影響

アルコールとペニスのサイズ

ペニスのサイズアップに必要な要素は、血流の改善や男性ホルモンの分泌量の増加です。

適度なアルコールの摂取によって、これらの要素は若干の改善はあります。

しかしちんこの増大効果を実感するまでには至りません。

 

アルコール摂取は、それ以上にリスクのほうが高いためです。

特に飲酒量の多さに加えそれを長期間続けることは、末梢血管の閉塞や男性ホルモンの分泌量低下を招くため、サイズダウンにつながってしまいます。

そのため、適量であってもペニス増大目的でのアルコール摂取はほとんど効果はないのです。

お酒とペニス増大 まとめ

「酒は百薬の長」と言われているように、適度な飲酒はメリットが多いのは事実です。

しかしペニスのサイズに影響するような効果はありません。

むしろアルコール摂取を続けることで、増大効果がないどころか、毛細血管の収縮や男性ホルモンの分泌量低下などサイズダウンにつながってしまいます。

また男性機能を支える内臓や脳にもダメージを与えかねないため、過度な飲酒は控えることをおすすめします。

アルコールでペニス増大

ちんこを大きくするなら、ペニス増大に効果的な成分を摂取しなくてはいけません。

最も有効かつ手軽な方法が「ペニス増大サプリを飲む」という方法です。

ちんこを大きくするための成分を食事だけで毎日賄うのは不可能に近いので、飲むだけでOKなサプリメントの活用はとて有効です。

関連記事:ペニス増大に必要な成分とは?増大サプリの選び方

関連記事:【ちんこ増大】ペニスをサイズアップさせる4つの方法

 

個人的には、今までいくつかのペニス増大サプリを試してきた中でも、一番効き目を実感できてコストパフォーマンスも良かったと感じているヴィトックスというサプリがベストという結論に至りました。

ペニス増大サプリの中でも、何年間もダントツで1位の人気をキープしている定番サプリです。

私が飲んだ実体験からも、多くの男性の口コミからもサイズアップを実現する一番の近道だと実感しています。

ペニス増大サプリvitox

変なサプリを掴まされたくないと思っている方は、迷ったらまずはこれを試してみることをおすすめします。

 

ヴィトックスの公式サイトはこちら